イビサ島とは


(C) Space Beach Club

世界のシーンを常に牽引するイビサ島

バレンシア沖、地中海に浮かぶスペインの小島・イビサは古くからキリスト教、イスラム勢力覇権争いの舞台にもなり、また船舶貿易の拠点となったことから様々な文化が入混じるように溶け込んだ複合世界遺産です。

また70年代は「ヒッピーの聖地」として、自由を求めた若者が崇めた楽園でした。
現在ではヨーロッパの人々のリゾートとして愛されています。

強烈な日差しのビーチ。
世界的に有名なサンセット。
時折通り抜ける涼しげな風。
日陰のチェアで微笑むおばあちゃん。
最高のシーフード。

そして、世界的に有名なクラブがいくつも存在します。

つまり、大騒ぎして遊べるし、まったりして過ごせるし、美味しいものも食べることが出来る。
そんなイビサ島は、まさにパラダイスです。

ibzmap2

 

ibizadj
(C) goibiza.jp


世界的DJが連夜プレイするクラブ

世界的に有名なDJが連夜プレイするクラブでは常に世界の最先端の音楽を楽しむことができます。

毎年イビサで流行った曲は「イビサ・アンセム」と呼ばれ、その後、欧州全土でブームを巻き起こします。

過去にイビサ・アンセムとして、一大ムーブメントを作り上げたアーティストを振り返ってみると・・・

Deadmau5、
Eric Prydz、
David Guetta、
Fedde le Grand、
Bob Sinclair

さらに遡ると、

Alter Ego、 
Cassius、
Tim Deluxe、
Underworld、
Laurent Garnier、
David Morales、
Daft Punk、
Robert Miles、
Jamiroquai


大御所だらけです(笑)

 

 

ibzfoam
(C) goibiza.jp

息が出来ないくらい泡の波が押し寄せてくるクラブや、
突然フロアにシャワーが出てきて、放水が始まり、そのまま腰まで浸水しまうクラブ(汗)。 
そして、老舗や伝説と呼ばれるクラブまで、そりゃーもう日本では体験できない夜遊びが楽しめます。

(C) Miyakoko Yamashita
(C) Miyakoko Yamashita


のんびりも。バカ騒ぎも。

イビサでは、ナイトライフを中心に物事が進むので、普通の海外旅行とは違う生活サイクルになりがち。

・午後に起床し、ビーチでまったり。
・海辺で夕日をみて、カフェで美味しいゴハン。

・その後はチルアウトBARでのんびり過ごし、
・深夜2時ごろクラブへ繰り出す。
・…びしょ濡れになって(笑)ホテルに戻り、
・ホテルのベランダで靴を乾かし就寝。

…そんなリズムになってしまいます(笑) 
地中海の風に吹かれながら、流行の最先端の音楽にどっぷり浸かるバカンスなんて最高です。

イビサでプレイされるジャンルは、お上品なものから、ブッ飛んだものまで、ハウス&テクノが中心。
レゲエ&ヒップホップはプレイされることはあまりありません。レゲエにジャマイカがあるように、ハウス/テクノといえば、イビサなんです。

もう一つ有名なのが、フロアのアッパーチューンで火照った体を休ませてくれるチルアウト音楽です。

そんなイビサ島の魅力は、とてもここではお伝えできないくらい素晴らしいものです。

イビサ イン マイ ハート。 一度行けば、もう虜。
皆さんのイビサ上陸に、少しでもお役に立てば幸いです。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL